ダイヤモンドの価格って安くなるの?3つのポイント

「ダイヤモンド=高価なもの」というイメージがありますよね?
それと同時に、簡単に値下がりしない商品であることも、みなさんご存知だと思います。
でも、どう頑張っても高価なものだからこそ「少しでも安くならないかな?」と思いますよね。

そこで今回は「ダイヤモンドの価格って安くなるの?」をテーマに、3つのポイントを押さえてお話をしていきます。

ダイヤモンドが安くなる、3つのタイミングを見逃すな

天然ものでも、人工的に作られたものでも、ダイヤモンドは高価なアイテムです。
その高価さを「お給料3か月分」と表現することもあるほど、一般的なイメージは高価で簡単に値下がりのしないものとなっています。

ダイヤモンドが「激安」「特価」「半額」などで販売されていたら、それはそれで怪しいですよね?
あまりの安さに、偽物なのではないかと疑ってしまいます。

でも、ダイヤモンドにも値下がりするタイミングがあるのです!
品質を落とすことなく、上手に値下がりのタイミングを使えば、もっとお得にダイヤモンドジュエリーが購入できるはず。

さて、ダイヤモンドが安くなる3つのタイミングとは、いつなのでしょうか?

ダイヤの値下がりに関係しているのは、為替・決算・世界情勢の3つ!

簡単にお伝えすると、ダイヤの値下がりに関係しているのは、為替・決算・世界情勢の3つです。1つずつ、詳しく見ていきましょう。

1.為替

ダイヤモンドの価格変動に大きな影響を与えるのが、為替です。
その最大の理由は、ダイヤモンドが国内で採取できないことにあります。
ですから、ダイヤモンドを購入する業者にとっては、為替は非常に気になるところです。
皆さんは、通販番組やインターネット通販サイトで、ダイヤモンドが安価で売られているのを目にしたことがありますか?
おそらく、販売日が決まってからダイヤモンドをかき集めるのではなくで、為替とにらめっこをして安いタイミングで買い溜めをしていたものと思われます。

2.決算

確実にダイヤモンドがお得に購入できるのが、販売側の決算期である「2月」です。
1月初めの「あけましておめでとうセール」が終了すると、宝石店やジュエリーショップに限らず「決算セール」と題した安売り月間になりますよね?
販売側は少しでも多く売りたいわけなので、お値段も通常時よりお得になるというわけです。

3.世界情勢

3つ目のタイミングは、世界情勢。
いわゆる、紛争や内戦などが起きた場合です。
どうして「紛争や内戦とダイヤモンドの価格が結びつくの?」と思う人もいるでしょうが、実は悲しい事情が関係しています。
武器を手に入れるために、ダイヤモンドが取引されるという悲しい現象が起きることによって、ダイヤモンドが世界中に巡りやすくなるために価格が下がるケースがあるのです。
いくらダイヤモンドの金額が安くなるからといって、世界のどこかで紛争や内戦が起きるのは、あまりいいことではないですね。
私達にとっては、身に付けるためのジュエリーでも、世界のどこかには武器を手に入れるためのアイテムになっていることを忘れないでおきましょう。

ダイヤモンドが、安くなるタイミングを上手く活用

今回は「ダイヤモンドの値下がりのタイミング」について、お話をしました。
ダイヤの値下がりに関係しているのは、為替・決算・世界の事情の3つ!
為替は予想ができないものですし、ダイヤモンドの価格が安くなるかもしれないとは言え、世界のどこかで紛争が起きるのは本意ではありませんよね。

安くなるタイミングとして確実なのは、売り手側が決算を迎える「2月」です。
年が明けたら、お目当てのジュエリー―ショップをリサーチして、決算前のセールを狙ってみてはいかがでしょうか?

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る