意外に男性も好き?彼や夫にプレゼントしたいダイヤモンド

さりげないオシャレが光る

ダイヤモンドの良さとは、どんなに小さくても埋没しない輝きの強さ。
小さなメレダイヤひとつでもキラッと光れば、見た人に「あれ?なんか違うな」と思わせる個性があります。
ぜひ、男性にもおすすめしたいアイテムです。

さりげないダイヤモンドも素敵ですが、ステータスのシンボルとしてギラつくぐらい迫力のあるダイヤモンドも男性向きです。

ステータスと言っても余裕のある生活をしているということではありません。
これまで努力した結果としての地位や名誉を得た、やりがいのある仕事や活動に情熱を注いでる自分へのリスペクト。身につけるダイヤモンドにそんな意味を込めるのも良いのではないでしょうか。

加えて、ダイヤモンドは実質資産でもあります。
投資に興味がある、すでにいくつもの投資を行っている、新しい投資先を探している、そんな人にダイヤモンドほどぴったりの資産はありません。

嫌味にならない大きさって?

ダイヤモンドは初めてという男性に購入のコツをご紹介します。

ダイヤモンドの価値は4Cと呼ばれる、ダイヤモンド独特の鑑定法で決められます。
4Cとは、重さを意味するカラット、無色透明なほどグレードの高いカラー、原石の良さを引き出し輝かせるカット、輝きと透明度を左右する内包物を判定するクラリティの4つです。

4Cを鑑定するのは、専門の鑑定機関。基本的に、鑑定書がなくてもダイヤモンドは買取はできますが、実質資産としてより高い価値を考えて購入するなら鑑定書がついたダイヤモンドがおすすめです。

男性のファーストダイヤモンドとしておすすめなのは、0.5カラットから1カラット 。
一般的に大きければ大きいほどステータスが高くなりますが、小さくても他の3つのCのグレードが高ければより大きいものよりも美しく見えます。

大きさにこだわるよりも4つのCのバランスが大切です。

アイテム別 ダイヤモンドの選び方

おしゃれなダイヤモンドアクセサリーの選び方をご紹介します。

リング

初めてのダイヤモンドとして使いやすいアイテム。
がっしりとした大ぶりなデザインが人気です。
地金はプラチナやホワイトゴールドはお若い方に、ゴールドやイエローゴールドのような黄色っぽい地金は年配の方におすすめです。

ネックレス

ネックレスもダイヤモンドを使ったものが増えてきました。
初めて購入するなら、ペンダントトップにメレダイヤを入れたものや大きめの地金デザインに一粒ダイヤモンドを埋め込んだものはいかがでしょうか。

ブレスレット

男性用ブレスレットも細身のものが流行っています。
エタニティ風にメレダイヤモンドを埋め込んだものや、アクセントとしてダイヤモンドと色石を組み合わせたものも人気があります。

ピアス

ぜひご紹介したいのがピアス。
男性は片耳ピアスをしている方が多いようです。
2粒ではなく1粒だからこそ、少し大きめのダイヤモンドはいかがでしょうか。

タイピン・カフスピン

スーツを着ることが多い男性にはタイピンとカフスピンを。
どちらも特別な場所で使うアイテムです。
華やかなダイヤモンドはそれだけでスペシャルです。
出番が少ないからこそ、上質なものを選びたいですね。

文房具

意外かもしれませんが、文房具にもダイヤモンドを使ったものが少なくありません。
特にボールペンや万年筆のような筆記用具。胸ポケットにペンを刺した時にちょっと見えるような場所にメレダイヤを埋め込んであります。

時計

絶対に外せないのが時計です。
ブランド物では最も高級なラインにダイヤモンドが使われています。
ステータスシンボルとしてふさわしいアイテムです。

彼・夫にダイヤモンドを選んでもらうには

男性向けアクセサリーは、ゴツいもの、骨太ものが多かったのですが最近では女性ものに寄ったものも増えてきました。
普段からジュエリーやダイヤモンドを見慣れている人の方が、直感で良いダイヤモンドを選びやすいということもあります。
そばにいるパートナーが一緒に選んだり、誕生日や記念日のプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。

男性には、ダイヤモンドは女性のものという固定観念が強い人もいます。
そんな人には、ダイヤモンドはアクセサリーというだけではなく「資産である」というところから始めてみるのも良いでしょう。

普段使いもできるものが、値上がりの見込める金融資産ともなる。
ビジネスや投資に興味のある男性なら決して無視のできない話です。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る