ママになるとダイヤモンドのジュエリーが欲しくなる理由とは

ママになるとなぜダイヤモンドが必要になるのか

ママになるとダイヤモンドが必要になる?
育児で忙しいのになぜダイヤモンドが・・・と思う人も多いでしょう。

実は、ママになるとダイヤモンドの出番が多くなるのです。
そして、それは子供が小さい時から。最近では、お子様をいい幼稚園に入れたり、受験などママが奮闘する場面が多く、ダイヤモンドやパールなどの効果なジュエリーはお受験ママにとっては使えるジュエリーとなっているのです。

面接や見学会などでは過度なジュエリーは控えるべきですが、ダイヤモンドを身に付けているママは意外と多く、高価なジュエリーを身に付けることで周りとの差をつけるといった武器にしている人も中にはいます。

とくに、東京都内のある区では教育熱心なママが多く、私立幼稚園や小学校が密集しているため、ママ達の戦いがずっと続いていくわけですが、そこに必要な一つとなっているのがダイヤモンドなのです。

普段使いでもダイヤモンドを身に付けるママが多い

育児に家事に忙しいママにはダイヤモンドのジュエリーなんて無縁!
結婚指輪をもらってから出番がない!というママは、実際には多いのではないでしょうか。

しかし、地域によっては、普段からダイヤモンドを身に付け、ブランドもののバッグを持ってお子様と歩いている姿を見かけます。
雑誌にも「ママだって輝きたい」「ママだって自分のためにおしゃれしたい」というキャッチコピーが目立ち、ママ達自身が自信を持つ風潮が広がりつつあります。

東京都内の富裕層が集まる区では、幼稚園の送り迎えでさえもダイヤモンドのジュエリーを身に付けているママを見かけます。
ただ、その人位は普通のことなんです。

ステータスや見栄ではなく、ダイヤモンドのジュエリーを身に付けることが「ごく当たり前」という感覚です。
それにつられて、ダイヤモンドのジュエリーデビューするママも多く、普段から高価なジュエリーを身に付けるママが増えていくのです。

ママにはこんなダイヤモンドがオススメ

ママには極めてシンプルなものがオススメです。
いくらママ達自身の自信とはいえ、基本的には常に子供がいて、家事をする生活です。
汚れたり、傷がついたりするのを承知しながら身につけなけれないけません。

また、豪華なデザインのものやサイズが大きすぎるものは、普段使いにはアンバランスです。
幼稚園や学校の送り迎えにはもってのほかです。

一粒ダイヤモンドで0.5カラット程度の小さめなダイヤモンドの指輪やピアス、ネックレスが妥当です。
0.5カラットであれば、説明会や見学会、入学式、卒業式などあらゆる場面で使うことができます。

値段も安く、婚約指輪などでも贈られている人も多いことから、使いやすいカラット数となります。
また、パールと組み合わせたデザインや、モチーフものとの組み合わせならダイヤモンドもカジュアルに見えるのでオススメです。

過度に派手なものは控え、ママのジュエリーは「さりげなく」をモットーに

ママだって綺麗でいたいという願いを叶えてくれる一つがジュエリーです。
その中でもダイヤモンドは、一つ身に付けるだけでもママの見え方を格上げしてくれます。
過度なジュエリーはゴージャス感だけが残り、おしゃれ感もエレガントさも欠けてしまいます。

忙しいママのカジュアルな服装に合ったジュエリーを選ぶのがポイントで、「さりげなく」を忘れないようにしましょう。
間違っても「お金持ち感」を出すのは、一番イタイことです。

普段からダイヤモンドを使う必要はないと思いますが、ここぞという時の行事にはダイヤモンドがあるととても便利です。
シンプルなお受験スーツもダイヤモンドの輝きがあることで華やかん印象になること間違いなしです。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る