着物の出張買取の体験談から見る着物の買取に関する特徴

高価な着物は高価買取してくれない

ダイヤモンドなどのジュエリーやブランドバッグのように高価なものの種類の一つに着物があります。
もちろん着物の買取もありますが、着物の場合はジュエリーやブランドバッグと違い、高額では買い取ってくれません。

なぜならば、「需要がない」というのが一番の理由です。
周りを見ても着物を着ている人はいませんよね。また、古い着物を売る人が多いため、時代遅れのものとして査定は非常に厳しいものとなります。

また、着物はその人の寸法になっているので、ダイヤモンドやバッグのようにそのままの形では売れにくいというのも高価買取にならない理由の一つです。

実際の着物や帯の買取価格の相場とは?

実際、着物の買取価格は思っているより低く、1,000円以下であることも少なくありません。1,000円以下?とびっくりする人も多いでしょう。

特に、麻や木綿などの素材は1,000円に満たないため、買取に出すなら正絹がオススメです。
また、年配の人は着物をたくさん持っており、まとめて買取に出す人がいますが、まとめて1,000円〜3,000円での買取金額になることが多いのも現実です。

有名な画家の訪問着や帯などは高く売れる場合もありますが、極めて稀です。
着物よりも帯の方が相場が高く、平均の相場は2、3万円程度です。古く、状態が悪いものだと数千円の場合もあります。
帯は裄や身丈などのサイズがないというのも理由にありますが、実は着物を着る上での主役は帯でもあるため、帯の方が値段が高くなる傾向にあります。

帯がいいものでなければ、着姿が二流になってしまうとも言われています。
しかし、最近では、外国人に向けた着物のレンタルショップも増え、帯だけでは買取をしてくれない買取業者もあるので、事前に確認しておくことも覚えておくといいでしょう。

帯は、職人さんが何年もかけて織り上げるものもあり、手織りのものや手刺繍のもの、有名な作家さんの帯であれば、中には100万円を超えるものもあります。

帯や着物を高く買い取ってもらうには?

前述のように、帯や着物は人気メーカーや有名な作家のものだと高く売れる傾向にあります。

さらに、着物の証紙が付いているとなお良しです。
証紙とは、ダイヤモンドなどのジュエリーの鑑定書と同じようなもので、「本物を証明するもの」として必要です。
この証紙があるのとないのとでは、買取価格は歴然と変わってくるのです。

証紙がなくても、本物とわかるように着物の見頃の裏や帯の裏に作家のサインがしてあるものも多いので、査定してもらう際には伝えるべきポイントとなります。

着物が高く売れるのはネットオークション?

着物を売るには、リサイクルショップや着物買取業者、ネットオークションです。

リサイクルショップではそのまま持ち込むことがほとんどで、着物買取業者は店頭持ち込みや出張買取ができます。
ネットオークションは、スマホ一つでできる最も簡単な売却手段です。

最近は、メルカリなどのネットオークションで出品する人が非常に多く、登録している人も全国にいるため、需要の幅も広がって買取業者よりも高い値段で売れる場合があります。

古い着物ではなく数年前に購入した着物であれば、デザインも現代風になっているものもあるので、2万円程度で売れることもあります。

着物買取業者に出す前に、まず買取業者ではいくらになるのか査定してもらい、査定額を知った上でネットオークションに出すのも一つの方法です。

着物買取業者の出張買取の落とし穴とは?

着物にも出張買取があります。
大体の流れは、オペーレーターに電話をして着物を買い取ってもらいたい旨を告げ、希望の日時を伝えます。
そのあと担当者より連絡があり、出張に来てもらいます。

その日に査定に来てくれるところもあります。
早速、査定員が来たら買い取ってもらいたい着物を査定してもらいます。
出張買取の大体の流れはこんな感じですが、査定が始まるとだんだん「?」と感じる部分がたくさんあります。

私が感じた、実際に着物の出張買取に関する落とし穴や注意点を体験談を交えてご紹介します。

査定までに時間がかかる場合は疑いましょう

査定が始まってなかなか金額が提示されない場合、なんとなく不安になってきます。

本当にちゃんとした査定員なのか疑問ですし、私の場合は査定の途中で「本部に電話して金額を聞いてみます」という謎なことを言われ、何度も外と玄関を行き来し、「本部と電話がつながらない」と言われました。

その時間およそ40分くらいだったと思います。
「ではあなたは何者?」と思うほど、信用がなくなっていきました。
そして、結果「2,000円です」という回答でした。着物は40万円ほどで買った現代風のものでしたが、その金額にも驚愕でしたし、査定員の態度にも驚愕でした。

査定員が訪れた際には、しっかり証明書を見せてもらうことをおすすめします。

着物の買取には口コミをチェックしよう

もともとこの買取業者にお願いしたのは、チラシで高価買取例多数となっていたためでしたが、失敗したと感じました。

チラシを見てネットで口コミを見たり、HPをチェックすればよかったのですが、さらっと見ただけだったので、もっとどんな業者なのかを事前に知っておくべきだったと勉強になりました。

着物の買取は、非常に安価で買い取られる場合が多いため、買取を依頼する際には口コミや大手の会社なのかHPを確認しましょう。

また、スピードが早いと人気の買取業者でも、メリットは出張に来るスピードが早いだけのこと。
決して査定するスピードが早いわけではありません。

着物の買取はもちろん、どんな種類の買取でもスピードも大事ですが、どれくらいの金額で買い取ってもらうかが一番のポイントだと感じます。

着物以外のものを強要された場合は注意!

怪しい業者やチラシの勧誘がある業者は、「着物を高く買います」と謳いながら、訪問した際に「他に売りたいものはありませんか?」と半ば強要してきます。

本来ならば売りたくないものでも、せっかく出張に来てもらったのだからとブランドものやジュエリーを査定してもらう羽目になってしまいます。

私が依頼した着物買取業者も、着物の買取であるはずなのにブランドものの買取を強要してきました。
実際、即席で出したものは高く買い取ってくれることはほぼありません。

中には強引に引き取ってしまい、後で返品を要求しても返ってこないことがほとんどなので、注意が必要です。

着物や帯を売るならブランド力があるものをまとめて売るのがオススメ

着物や帯を売るなら、とにかくブランド力があるものや豪華なものを売るのがオススメです。
着物の種類なら、振袖や訪問着、お召しや上布です。
普段着として着れる紬や小紋は、珍しいものでない限りは1,000円以下になるでしょう。
帯も伝統工芸品や手織りのものなどが高く売れる傾向にありますが、豪華だけど昔のものは売れにくいと認識しておきましょう。

また、ブランド力のある着物がある場合はまとめて売ると高額になるケースもあります。
着物は洋服と違って定価はあるものの高額なため、その場で値引き交渉することが多く、実際の金額よりも安く買えることもあります。

着物を買った際に値切っていたとしても、元々の定価の値段を買取業者に伝えるのも高額になるポイントの一つです。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る