ダイヤモンドとその他の宝石類の買い取り価格比較

宝石類の種類

宝石類の種類は非常にたくさんあります。
ジュエリーの王様とも言えるダイヤモンドに引き続き、ルビー、サファイア、エメラルドなどなど実に多種多様です。

それぞれに特徴があり、宝石の持つ意味も異なります。
また、買い取り専門店でもダイヤモンドの他に、こういった宝石類も買い取られています。

希少性の高いデザインやブランドものなど、ダイヤモンドと変わらない価格で、取り引きされることも。特に、ダイヤモンドとサファイヤ、ダイヤモンドとルビー、ダイヤモンドとエメラルドなどダイヤモンドと組み合わさった宝石のジュエリーはかなりの高額で買い取ってくれる例もあります。

某買取店では、エメラルドダイヤリングが550万円で買取された実績があるほど、高額買取されています。
ストーンジュエリーを買う際には、ダイヤモンドが一緒にデザインされたものを選ぶとよりラグジュアリーにも見えるため、手元を豪華に飾ってくれます。

その他、代表的な宝石類は、オパール、アクアマリン、トルマリン、トパーズ、翡翠などがあります。
これらの宝石類も希少性が高いと、かなりの高額で買い取ってくれます。

色石の宝石を高く買い取ってくれるポイント

色石とは、前述で説明したようにエメラルドやルビー、サファイヤなどの鮮やかな色がついた宝石のことで、この他にも天然石やパワーストーンのように色石の種類は多種多様です。

その中でも買取ってくれるのは前者のエメラルドやルビーなどの希少価値の高い宝石類ですが、この宝石類の中でも高く買い取ってくれるポイントがあるので、代表的な色石に絞ってご紹介します。

特に一番高く買い取ってくれるエメラルに関して、大ぶりで色味が深く鮮明な緑色であることや透明度が高いことが高額査定の基準となります。

次に、有名なサファイアは、色ムラのない青色が鮮明なものや6条の光を放つスターサファイアは高く買い取ってくれます。
その他、ルビーや翡翠など色石の宝石類は全て、色ムラがなく濃い色で透明感のあるものが高額査定の基本となるので、傷をつけないよう大事に扱うことが大事です。

色石の宝石類の買取実績例

ダイヤモンド以外の宝石類はどれも価値があり、ジュエリーのデザインや石の大きさによっては買取専門店での買取価格も違ってきます。
ダイヤリングでいうと、某買取専門店では、「エメラルドダイヤリング」で約150万円の買取実績、サファイアダイヤリングで約120万円の買取実績があります。

その他、ルビーや翡翠のダイヤリングの買取実績もありますが、一番高く買い取っているのはエメラルドとなっています。

エメラルドは世界4大宝石の一つとも言われ、透き通った美しい緑色が特徴的なストーンで、古代から伝わる宝石として高額になるのは当然と言えそうです。

その他、高額買取をしてくれる宝石は、ルビー、サファイヤ、オパール、珊瑚。琥珀、翡翠、真珠、アレキサンドライトです。
その他のトパーズやターコイズ、トルマリンなどは半貴石と呼ばれ、高値がつかないことも多いのが現状です。さらにカラーストーンだけでは希少性がないため、値段がつかないことがあるため、注意しましょう。

ダイヤモンド以外の宝石類は色が大事

ダイヤモンドはそのものの輝きや天然であること、カラット数やカットなどが査定の対象となってきますが、エメラルドやルビーなどの色石の宝石類は、とにかく見た目の色が大事です。どれだけ濃く、鮮明であるか、透き通っているかが高額査定のポイントとなります。

内包物が多くても綺麗な色あいが残っていれば高額査定になる確率は大です。行事ごとや冠婚葬祭にはあまり使用されない色石の宝石類はあまり出番がないですが、身につけた時のエレガントさはダイヤモンドをも超えるほどゴージャスになります。

単品で見た時の色の好みで選ぶのも大事ですが、自分の手にはどんな色がピッタリ合うのかが最も大事な選ぶポイントです。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る