買取にも有利!ダイヤモンドをいつまでも美しく保つケア方法とは?

ダイヤモンドは永遠の輝きでも劣化する?

ダイヤモンドの輝きは昔から永遠と言われています。
その言葉から、そのままリングケースに保管している人も多いのではないでしょうか。
ダイヤモンドは確かに永遠の輝きを放ち、石自体も丈夫で強いと言われています。

しかし、傷には強くても、汚れには弱いと言われているダイヤモンド。
汚れを拭き取らずにそのままにしておくと、ダイヤモンドや付属の金属の変色や永遠の輝きも弱くなる可能性もあり得るのです。

せっかく買ったダイヤモンドは、定期的に汚れがないかチェックし、汚れがあれば拭き取ることが長持ちさせる秘訣です。
自宅でも簡単に汚れを拭き取ることができるので、使った後は習慣にしておくといいですね。

汚れが付着したままだと、いずれ買取専門店に出した時に買取金額が低くなってしまう場合も。
ダイヤモンドを常に綺麗にしておくことで、査定額にも影響することを覚えておきましょう。

ダイヤモンドの正しい保管方法を知っておくこと

ダイヤモンドの石は他の宝石に比べて硬いと言われているので、保管する時は他のジュエリーと一緒にすると他のジュエリーを傷つけてしまう場合もあります。
ダイヤモンドの保管は単独でするのがオススメ!

ダイヤモンドをいくつか持っている人も、ダイヤモンドだけでまとめるのではなく、ダイヤモンドの石同士が傷ついてしまう恐れもあるので、単独での保管がオススメ。
ちょっとした保管の知識を知っておくだけでも高く評価されるので、買取には有利となります。

買取査定のポイントはカラットやカットなどの4Cに加えて、ダイヤモンドの状態もくまなくチェックします。
傷がない、汚れがないとダイヤモンドの輝きも失われず、査定の際にも好印象を持たれるのです。

ダイヤモンドを使用した後は、必ずきれいな布で汚れを拭き取り磨くことをオススメします。
定期的にブラシで磨くとより輝きは増し、次使うときも気持ちがいいですよね。
また、ダイヤモンドは熱に弱いので、直射日光に当たる場所に置いておくと変色してしまう可能性も。ジュエリーボックスや専用のダイヤモンドのボックスに保管が正しいと言えます。

ダイヤモンドを洗う方法とは?

ダイヤモンドを1回使用するだけでも見えない皮脂や化粧品などが付着しています。
使用するたびに拭き取ることは必須で、定期的に洗うとより磨きがかかります。

では、ダイヤモンドを洗う際には特別な洗剤などは必要なのでしょうか。
ダイヤモンドを洗う際には、特別な洗剤は必要なく、ぬるま湯で柔らかいブラシで洗うのがオススメです。

ジュエリーのデザインによっては石と金属との溝に汚れが溜まる事例が多く、見逃す人が非常に多いです。
ホコリや汚れはブラシの先でやさしく取り除いてくださいね。
自分で洗うのが不安な人は、専門のクリーニング業者にお願いするのも一つの方法です。
適切な方法でクリーニングしてくれるのでダイヤモンドが蘇って返ってきます。
また、どうしても洗剤を使用した人は、中性洗剤を少量使用して洗剤とぬるま湯を入れた容器にダイヤモンドを入れて汚れやホコリが浮いてくるのを待ってから磨きます。

ダイヤモンドのケアを怠らないことが査定額に響く

ダイヤモンドの適切なケア方法や保管方法を知っておくだけで、買った時と同じ状態を保つことができます。
湿気がない通気性が良いところ、直射日光が当たらない場所に置くなど、知識を知っておくだけで随分と買取にも有利になります。

また、ダイヤモンドを使用した後は、そのまま横にしておかずにジュエリーケースに立てて保管するようにしましょう。
横向きに置いたままだと、変形する恐れもあるのです。
ジュエリー同士に傷がつかないことも一つですが、何気なく置いた場所で傷をつけることもありますよ。

出先で、ダイヤモンドを外す場合には紛失や汚れから守るために、布製のアクセサリーケースを持参すると良いでしょう。
ちょっとでも意識を向けることで、いつまでも輝きが衰えないジュエリーとして持ち続けることができます。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る