ダイヤモンドのジュエリーのデザインの傾向を知る

ダイヤモンドの輝きは控えめにしたデザインが特徴的

2019年のダイヤモンドがあしらわれたジュエリーはダイヤモンドが前面に出ず、控えめな存在としてあしらわれていることが目立ちます。
特にモチーフものでは、モチーフをメインにモチーフの横にちょこんと小さなダイヤモンドがついていたり、モチーフが連なっているヴァンクリーフ&アーペルではブランドを象徴する四つ葉の中に小さなダイヤモンドが敷き詰められているデザインがあり、さりげないダイヤモンドのあしらわれ方が逆に大人っぽさを引き立ててくれます。

また、2019年に多いジュエリーの特徴は、モチーフが可愛いということ。
ヴァンクリーフ&アーペルのように可愛い四つ葉のクローバーモチーフやハート、雫モチーフなど女性心をくすぐります。

シンプルで繊細なものも2019年のジュエリーの特徴の一つなので、重ね付けやパールなどの違う素材との組み合わせでジュエリーコーディネートを楽しんでいます。

ジュエリーの流行が着こなしの雰囲気を変える

2019年の最新のジュエリーのトレンドを知っておくことで、着こなしにも新鮮さが現れます。
一粒ダイヤモンドであればいつの時代でも着こなしにマッチしますが、デザイン性の高いものであればその年のトレンド感が含まれているものが多いので、着こなしの雰囲気を変えてしまいます。

何年か前に買ったスウィート感のある可愛いジュエリーは、ハードなテイストの着こなしが流行するとアンバランスな場合も。
2019年はボリューミーな指輪やパールとダイヤモンド、イヤーカフなど手にも耳にもいくつか付ける付け方が主流になっています。

いくつもジュエリーが付いていると、それだけで目立つので、着こなしのポイントにもなるわけです。
このようにジュエリーの流行は着こなしにも大きく影響してくることがわかりました。

特に女性は移り変わりが激しいので、2018年に好きだったモチーフが2019年になればもう興味がなくなっていることはよくあります。
見る人には去年のものだとわかるので、分かりやすいモチーフものなどは来年も使えるかどうか考えて買うのがオススメです。

2019年のダイヤモンドの買取相場

最近では、ダイヤモンドは普段使いで身につけることが主流になってきたため、大ぶりでゴージャス感のあるダイヤモンドのジュエリーは雑誌や通販サイトでも見かけなくなりました。
2019年のダイヤモンドのジュエリーのデザインもさりげなくあしらわれているものが多く、メレダイヤやジルコニア、人工ダイヤモンドを使っているものも増え、買取店舗へ持参しても高額査定にはならないかもしれません。

特にノーブランドの場合は、1万円以内になってしまうことも。
さりげなくあしらわれたダイヤモンドでも有名なブランドものであれば高額査定になるので、2019年にダイヤモンドを買う予定の人は、ブランドもののダイヤモンドジュエリーを買うのがオススメです。

ちなみにその年に買ったダイヤモンドのジュエリーを買取店舗に出した場合、ダイヤモンドのカラットやブランドにもよりますが、0.5カラット程度でティファニーやカルティエのジュエリーであれば15万円程度の買取価格になる買取店舗もあります。

カジュアル思考が続くダイヤモンドのジュエリー

昔ほどダイヤモンドが前面に出なくなってきた時代です。
ダイヤモンド一本勝負のようなジュエリーは極めて少なく、パールとの組み合わせ、色石との組み合わせなど様々なデザインのダイヤモンドのジュエリーが豊富になっています。

今後も普段使いできるダイヤモンドのジュエリーが増える傾向にあるので、シンプルかつ来年も使えるデザインを選ぶとどんな着こなしにも使い易くなるはずです。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る