歩き続ける私へ…ダイヤモンドの贈り物 ~ TRILOGY ~

あなたの人生を彩る3つのダイヤモンド

「トリロジー(TRILOGY)」はデビアス社の超有名デザイン。
女性の胸元に揺れる3つのダイヤモンドが特徴です。

元々はデビアス社のものだけを指していましたが、今では「スリーストーン」のデザインを「トリロジー」と呼ぶブランドが多く、店頭でも「トリロジー」と「スリーストーン」の両方の表記が混在しています。

トリロジーとはフランス語で「三部作」のこと。女性の人生を3幕もののドラマに見立てて「過去」「現在」「未来」すべての時代で輝く女性を表現しているロマンチックかつドラマチックなデザインです。
今では、定番中の定番のデザインへと成長しました。

ネックレスにもリングあるトリロジー

結婚10年目の記念日に贈る「スイート10」ダイヤモンドとしても人気のトリロジー。
ほとんどが無色のダイヤモンドを使ったネックレスですが、カラーダイヤモンドや色石を使ったものもあり、そのデザインは多彩。
オリジナルデザインは縦に3つつなげたものですが、横につなげたものも華やかです。

ネックレス以外のアイテムではリングのトリロジー。
真ん中のダイヤモンドを大きくし脇石にひとまわり小さなダイヤモンドを使ったり、ウエーブのデザインで大中小のサイズ違いのダイヤモンドを並べるデザインもあります。
リングには揺れ動くデザインは少ないのですが、3つのダイヤモンドを使う豪華さは変わりません。

トリロジーはおすすめポイントが多いデザイン

トリロジーはダイヤモンドジュエリーの中でも、特におすすめポイントの多いデザインです。

ポイント1 定番のデザインなので流行に左右されない

ダイヤモンドを使う方向に決まりがなく、縦に3つでも横に3つでもOK。定番のデザインなのにバリエーションが豊富なのも嬉しいです。
流行もなく古臭く感じることはありません。

好みに左右されるデザインではないので、まだ好みのはっきりわからない交際始めの頃のプレゼントにもぴったりです。

ポイント2 バリエーションが豊富

バリエーションが豊富なのがトリロジーの特徴です。
横でも縦でも一列に並んでいるものが多いですが、中には三角形のものもあります。
カラーダイヤモンドやルビーやサファイヤ、エメラルドといった色石を使って色でバリエーションを出す場合や、サイズを揃えたり大中小と3種類使うものもあります。

デザインのバリエーションもあります。
トリロジーは揺れる3つのダイヤモンドが特徴ですが、3つが一緒に動くデザインとひとつひとつが独立していて別々に揺れるものがあります。

ポイント3 年齢を重ねても似合う

揺れるデザインは若い方から年配の方まで、どんな年齢層の方にも似合います。
若い時に思い切って買えば、年齢を経てもいつまでも使えますし、人生の深みを知った世代に入ってから購入するのにもふさわしいジュエリーです。

ポイント4 リフォームが簡単にできる

3つのダイヤモンドがバラバラに地金についているため、とてもリフォームのしやすいデザインです。

例えば、ある女性は3つのダイヤモンドのうち2つを、2人の娘のリングにリフォームしました。
別の女性は祖母、母から受け継いだダイヤモンドに自分で購入したものを付け加えてトリロジー にしました。
周りの状況によってつけたり外したりが簡単にできるのも魅力です。

ポイント5 買取価格が安定している

定番デザインで人気の高いトリロジーは買取価格も安定しています。
そのまま販売経路に乗せることもできますが、ダイヤモンドを外してそれぞれをリフォームして再販することもできます。

中古ジュエリーを扱う業者だけでなく、ジュエリーリフォームの会社からも引き合いがあり、価格の安定しているダイヤモンドの中でもさらに高価買取が期待できるアイテムと言えます。

トリロジーをファーストダイヤモンドに

鑑定書はひとつのダイヤモンドに一冊つくものなので、トリロジーには鑑定書も3冊つきます。
他のアイテムと比べても高額になりがちなトリロジーは、購入するにも勇気が必要ですが、流行や年齢に左右されないのでファーストダイヤモンドにもぴったりです。

リフォームしやすいので、ファーストダイヤモンドとして小さなダイヤモンドで購入しておき、数年ごとに買取+自己資金でより大きなダイヤモンドに買い換えるステップアップも可能。

人生の伴奏者として、文字通り「現在・過去・未来」を共に歩む友人としてトリロジーを選んではいかがでしょうか。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る