ダイヤモンドの出張買取や宅配買取の注意点

出張買取や宅配買取には十分な注意が必要

出張買取や宅配買取は、忙しくて時間がない人や売却したい品が多い人にオススメです。
買取店舗に行かなくても自宅にいるだけで完了するので、現在は注目が集まっています。
しかし、いくつか注意しなければならないこともあります。

出張買取は、まず買取店舗が実績のあるところかどうか、鑑定士が自宅に来てくれるかなど事前に確認しておきましょう。

以前こんな例がありました。
ダイヤモンドの出張買取を依頼したのに、査定にかなり時間がかかり、訪問に来た人が査定できず、何度も電話で確認していたという件です。

これでは、安心して任せられるどころか不信感いっぱいになりますよね。
結局、思っていたよりも安い査定額となってしまい、買取は諦めたようです。
買取をキャンセルした場合に出張料を請求されるのかどうかもドキドキしてしまいますし、出張買取を依頼する際に確認しておきましょう。

宅配買取に関しては高額商品が手元から離れてしまうので、不安に感じる人も多いようです。
もしも、宅配業者が紛失した場合の対処法などについても確認しておくと安心です。

トラブルが多発!「手間が省けて楽」の裏にはこんな落とし穴も

最近では、ダイヤモンドに限らず、ジュエリーやブランドもの、着物などの悪徳業者による押し買いが多発しています。
「いらない宝石や貴金属を高く買い取ります」といってチラシやネットの広告に堂々と掲載しています。

有名な買取専門店であれば良いのですが、聞いたこともないような業者には注意が必要です。
出張にきて、掲示している金額よりもはるかに安い値段での査定額になり、なぜかと問いただすと「傷が・・・」「このクオリティだと・・・」というように理由を述べ、強引に品物を持ち帰ってしまうという極めて悪質な業者です。

また、「他にも何か売るものはありませんか?」とどんどん高価なものを出させようとします。
こういった場合ほとんどと言っていいほど高価買取はしてくれません。
まとめていくらといった買取方法です。
訪問に来ている人も鑑定士かどうかもあやふやなので、安易に宣伝文句に乗せられないよう気をつけましょう。

出張買取ではクーリングオフが適用されない

出張買取もしくは訪問買取による特定商取引法では、訪問買取のクーリングオフはできないと言われています。持ち帰られたものを後日「やはり返してほしい」とお願いしても、クーリングオフ制度がないことや、もう売ってしまったなどと強気な態度で返されてしまうのがオチです。

そして、商品は戻ってこないと思ってください。
こういったトラブルが多発しているため、法改正では動きがあるとも言われていますが、実際に動きが見られるのはいつになるか明確ではありません。

自分で罠にはまらないよう、気をつけるしかないのです。
もしも、よくわからない買取業者に依頼してしまった場合には、出張に来た人に「古物商許可証」や「行商従業者証」を提示してもらうよう求めましょう。
しっかりした買取業者なら、出張する際に必ず携帯しているはずです。安全に取引するためにも、出張にわざわざ来てくれたからと弱気になってはいけないのです。

入念なチェックをしてから出張や宅配買取を依頼する

宅配買取は宅配業者が買取店舗との間をつなぐだけなので、比較的安全ですが高価な品物を運ぶといった責任があるため、慎重に扱うことや紛失、盗難などのトラブルを起こさないように配慮されていることが大事です。
出張買取より安全とはいえ、依頼する前には必ず宅配業者のことについて確認しておくと安心です。

出張買取についても入念なチェックを事前にしておきましょう。
まず大切なのは、依頼する買取業者が信頼できる業者かどうかです。
豊富な実績や口コミを確認し、誰でも聞いたことがあるような有名な店舗を選ぶことで、最後まで安心して取り引きすることができるはずです。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る