見逃せないファンシーカットダイヤモンド 買取してもらえる?

もっと楽しもう!ファンシーカット

ファンシーカットはバリエーション豊か。
ダイヤモンドを身につける楽しみが一気に広がります。

ファンシーカットには、一粒のデザインでも楽しめるものや、ジュエリーとしてデザインを楽しむもの、他の色石との組み合わせで楽しむものと、ダイヤモンド好き、ジュエリー好きにはたまらないカットがたくさんあります。

それなのに、そもそもダイヤモンドと気がつかなかった、という残念な例も。
人知れず、タンスや押入れの中に眠っているものも少なくありません。
もう一度、タンスや押入れの中を確認してみてはいかがでしょうか。

高額のものもあるファンシーカット

ダイヤモンドの鑑定書は、ラウンドブリリアンカットの「4C」でグレーディングされます。
「4C」とは、カラット(重さ)・カラー(色)・カット・クラリティ(透明度)の4つ。
ファンシーカットはカットのグレーディングがありません。
だからと言って、ファンシーカットは価値が落ちる、低いということを意味するわけではありませんのでご安心を。

ファンシーカットはカラットが大きくてもリーズナブルに購入できるものや、ダイヤモンド自体の品質の優れているものもあり、好みや予算に合わせて自由に選べます。

知って楽しいファンシーカットのいろいろ

ファンシーカットは個性的な形が魅力です。
代表的なカットをご紹介します。

・オーバルブリリアントカット
オーバルブリリアントカットはラウンドブリリアントカットのバリエーションです。
輝きも似ています。
ラグビーボールのような形で一粒デザインも多く、縦と横の比率が変わることで雰囲気の違いが楽しめます。

・マーキーズシェイプ
こちらは楕円形の先がとがっているカットです。
一粒ダイヤモンドとしても人気ですが、花弁や植物の葉をイメージしたジュエリーに使われています。
ジュエリーデザインには欠かせません。

・ペアーシェイプ
ペアーは洋梨のこと。ティアドロップ(涙)シェイプとも呼ばれます。
オーバルシェイプの片側だけが尖っており、縦と横の比率で雰囲気が変わる汎用性の高いデザインです。
ペンダントにも指輪にも人気の形で、身体のパーツを細長く見せる効果があります。

・ハートシェイプ
ハート型のダイヤモンドです。愛くるしいシェイプは一粒デザインに使われます。
ハート型を作るための原石が限られること、カットロスが多く生じるため原石よりも小ぶりなものしかできません。
そのため、大変贅沢なカットとして知られています。
高額なことが多いですが、婚約指輪に選ぶ人も多いダイヤモンドです。

・エメラルドカット
名前の通りエメラルドに使われるカットです。
エメラルドカットは長方形ですが、四角いスクエアカットもあります。
テーブルが広く、内包物が見えやすいので透明度の高い品質の高いダイヤモンドに向きます。
横から見ると階段上に見えるステップカットで、上質のダイヤモンドだけが持つ清楚な輝きが生かされています。
カットロスが少なく大きなカラットが期待できます。

・プリンセスカット
ぱっと見はスクエアカットですが、ブリリアントカットの変形です。
そのため、エメラルドカットやスクエアカットに比べ光の反射が強いのが特徴です。
厚みがあるため、ファンシーカラーダイヤモンドのように色のついた石のカラーを際立たせることができます。
加工しやすいので他の石と組み合わせたジュエリーによく使われています。

ファンシーカットの価値はどうなの?

ファンシーカットの買取はどうなるのか?というところは気になるところです。
カットグレードのつかないファンシーカットは、その分価格が抑えられる可能性があります。
一方で、ハリウッドセレブが婚約指輪にしたことで有名になったエメラルドカットのダイヤモンドのように、質の高いものにはその分高値がつく可能性もあります。
実際に査定してみなければなんとも言えないのが本当のところです。

もしもご自宅に古いタイプのジュエリーがあれば、ぜひ一度、確認されることをおすすめします。
ファンシーカットの査定は特に難しいです。
ダイヤモンド専門の買取店に持ち込み、複数のお店でチェックしてもらう必要があります。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る