ブランドもノンブランドも!買取金額はどうやって決まる?

どんな時でも頼りになるダイヤモンド

ダイヤモンドの買取ブームはまだまだ続いています。
終わる気配もありません。

その理由は、どんなに不景気な時もインフレ時にも強いダイヤモンドの資産価値。
加えて、4Cのグレードで価格が決まるので、不正が起こりにくく公平に取引されるという安心感もあります。

つまり、いよいよ世の中行き詰まってきたぞ!という時も、自分だけ損をしているという状況にはなりにくいのです。
ダイヤモンドジュエリーは、デザインが古びていたり壊れていたとしてもダイヤモンドの価値は同じです。
ジュエリーに使われている地金にも資産価値があります。
どんな時も頼りになるのがダイヤモンドです。

いくらだったら納得?理想の買取金額とは

持ち込む側からすれば、「高価買取」とはただ単に買取金額が高いことを意味しません。
「購入金額に比べてどうか」ということの方が気になります。

買取店が高値、つまり購入金額に対して遜色のない金額で買い取ってくれるのはどんなものでしょうか。

ひとつが、ブランドものです。
ブランドものは、中古で購入しても価値が下がりません。
割安で購入したい人には絶大な人気があります。
固定客とも言えるファンやコレクターもいて、中古でしか買えないジュエリーを探している人も。
恋人や妻、パートナーへのプレゼント、自分へのご褒美としてもブランドジュエリーは人気があります。

では、ノンブランド品は買取では不利なのかというとそうではありません。
ノンブラインド品の強みは流通量の多いカラットのものが買取されやすいこと。
ノンブランド品は還流ダイヤモンドとして市場に再登場することが多いため、婚約指輪でよく使われるカラットやデイリーに使いやすいカラットのものが人気です。
こちらは「買取してもらいやすさ」に価値があると言えます。

買取金額はこうして決まる

買取金額はどのように決まるのでしょうか。

ブランド品かノンブランド品かで買取方法が変わります。

ブランドジュエリーには品質への信頼があります。
それだけに「これはブランドの正しいジュエリーである」というこだわりがあります。

ブランドの保証書、鑑定書、ショップの付属品、例えば箱や袋などでも金額が大きく変わります。
より高く売るためには、付属品はきれいに保管しシミやシワをつけないようにしましょう。
ジュエリーそのもののコンデションも重要です。
ジュエリーは毎回お手入れをしておきましょう。

ブランド品なのに買取金額が低すぎてショックを受けたことはありませんか?
これにはある裏事情があります。あまりにも人気すぎて商品がダブつき値崩れが起こってしまっているのです。
季節的なものもあります。
クリスマスやホワイトデー直後に起こりやすい現象です。
買取に出す場合は、そういった季節の前が狙い目です。

一方ノンブランド品はどうでしょうか。
ノンブランドのダイヤモンドは鑑定書がなくても買取できます。
もともと鑑定書がついていないダイヤモンドや、長年家にあって鑑定書もなくいつ買ったのかわからないダイヤモンド。
まずは買取店に持ち込んでみることをおすすめします。

ノンブランド品では、汚損や破損の場合だけでなく、デザインなど別の理由でダイヤモンドと地金を別々に査定することがあります。
実はその方が有利なケースもあるのもノンブランド品です。
ブランドものとは違い、袋や箱は必要ないケースがほとんどです。

ダイヤモンドは専門店がおすすめです

ジュエリーでも時計でも文房具でもダイヤモンドがついているものは、鑑定士の常駐するダイヤモンドの専門店をおすすめします。
鑑定士はお客様の見ている前で鑑定し、買取店ごとのルールに従って見積書を作成します。
この時自分の希望金額を伝えることもでき、双方が納得できれば買取成立です。

見積書には、ダイヤモンドなど宝石類と地金についてそれぞれ区別して金額が記載されます。
ダイヤモンド鑑定の根拠、4Cの判断や地金の重さの確認も行いましょう。
単価については、毎日公表されていますのでわかりやすいです。
店頭に当日のレートを掲示しているショップもあります。
公明正大な取引が期待できる良店です。

鑑定士やお店の方針によって査定金額が変わるのは当然です。
買取に何よりも大切なのは、複数のお店から見積もりを取ることです。

https://kikinzoku.kaitoru.jp/diamond/

関連記事

ページ上部へ戻る